営業時間:平日9:00~18:00 ※土・日・祝日、時間外対応可能

宮城県・仙台市の各種許認可申請なら当事務所にお任せください。

「初回・相談料無料」まずは一度お気軽にご相談ください!

建設業許可の要件「財産的基礎又は金銭的信用を有していること」とは【宮城・仙台】

WRITER
 
財産
この記事を書いている人 - WRITER -

建設業許可には、「財産的基礎又は金銭的信用を有していること」という資格要件があります。

一定の資金を確保することによって、経営の安定、発注者・下請業者の保護を図る目的があると考えられます。

「財産的基礎又は金銭的信用を有していること」の要件をしっかりと把握して、建設業許可を取得しましょう!

 

建設業許可の要件「財産的基礎又は金銭的信用を有していること」の要件

「財産的基礎又は金銭的信用を有していること」の要件は次の通りです。

※財産的基礎は、許可を受ける際(更新、追加等を含む。)に判断されるものであり、許可を受けた後に基準に適合しないことになったとしても直ちに影響を受けるものではありません。

一般建設業

次のいずれかに該当すること

1.自己資本が500万円以上あること

 

2.500万円以上の資金調達能力のあること

 

3.直前5年間許可を受けて継続して営業した実績のあること

 

※初回の更新の際は「3.直前5年間許可を受けて継続して営業した実績のあること」は使えません。1又は2により証明する必要があります。

※「自己資本」とは、次の額をいいます。
・法人の場合…純資産合計額
・個人の場合…期首資本金、事業主借勘定、事業主利益の合計額から事業主貸勘定の額を控除した額に負債の部に計上されている利益留保性の引当金、準備金の額を加えた額

※「資金調達能力」については、担保とすべき不動産を有していること等により、金融機関から資金の融資が受けられる能力があるか否かが判断されます。
(提出書類:取引金融機関発行の500 万円以上の預金残高証明書、融資可能証明書等※申請受理前1か月以内のもの)

 

特定建設業

申請直前の貸借対照表(定時株主総会の承認を得たもの)において、次のすべての事項に該当すること

1.欠損の額が資本金の20%を超えないこと

・法人…繰越利益剰余金が負の場合、以下の式にあてはめて判断する(繰越利益剰余金が正の場合は、欠損が出ていないので要件を満たす)

【繰越利益剰余金-(資本剰余金+利益準備金+その他の利益剰余金)÷資本金×100】 ≦20%

・個人…【事業主損失+事業主貸勘定+事業主借勘定÷期首資本金×100】 ≦20%

 

2.流動比率が75%以上であること

・法人・個人共通…【流動資産合計÷流動負債合計×100】 ≧75%

 

3.資本金が2,000万円以上であること

・法人…資 本 金≧2,000万円

・個人…期首資本金≧2,000万円

 

4.自己資本が4,000万円以上あること※1

・法人・個人共通…純資産合計≧4,000万円

※新規設立の場合は、資本金の額が4,000万円以上あれば上記に該当します。

※1 個人の場合は、4,000円以上の預金残高証明書を提出する必要があります。

 

以上が「財産的基礎又は金銭的信用を有していること」の要件です。

用意する書類も多く、建設業許可の取得は行政書士にとっても簡単なものではありません。

難しい申請ですので、お困りの際は是非「行政書士いけだ事務所」にお任せください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 行政書士いけだ事務所 , 2020 All Rights Reserved.