営業時間:平日9:00~18:00 ※土・日・祝日、時間外対応可能

建設業許可申請【宮城・仙台】・ドローン飛行許可申請【全国対応】

「初回・相談料無料」まずは一度お気軽にご相談ください!

建設業界・新型コロナウイルスの影響は?

WRITER
 
建設業
この記事を書いている人 - WRITER -

建設業許可申請等で行政書士との関係性が強い建設業界ですが、例に漏れず新型コロナウイルスの影響を受けてしまっているようです。

今回は、5月22日のNHKニュースに載っていた『建設業界 苦境に立つ「一人親方」 新型コロナ影響』について紹介したいと思います。

 

建設業界・新型コロナウィルスの影響は?

2020年5月22日のNHKニュースにこのような記事が載っていました。

建設業界 苦境に立つ「一人親方」 新型コロナ影響

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で工事の中断が行われた建設業界。個人で工事を請け負う「一人親方」の多くが収入を失い、苦境に立たされています。専門家は、立場の弱い建設職人にしわ寄せがいきやすい業界特有の構造が背景にあると指摘しています。…..

引用元:NHK

新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が出され、多くの業界に影響を与えたことは記憶に新しいかと思います。

建設業界もその例に漏れず、中断を余儀なくされた建設現場も少なくなかったとのことです。

緊急事態宣言が解除され、工事が再開され始めているとのことですが、未だに中断されたままの建設現場もあるようでその影響を大きく受けているのが一人親方とのことでした。

『一部の現場は動いていたものの、建設会社の社員に優先的に仕事が割りふられたため、個人で工事を行う「一人親方」に仕事が回らなくなった』

記事内のこの言葉からもわかるように、有事の際の一人親方の建設業界での立場は厳しいものとなってしまいます。

緊急事態宣言中の厳しい生活を耐えて、やっと再開され始めた現場で働きながらも、いつまた建設現場が中断になるかわからないという恐怖と戦いながら仕事をしているようです。

元請け企業、下請け企業、孫請け企業というピラミッド構造の業界体制にも問題があるようなので、新型コロナウイルスの教訓を生かして今後少しずつでも改善されることを望みます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 行政書士いけだ事務所 , 2020 All Rights Reserved.